コンテンツにスキップする

新紙幣の1万円札は渋沢栄一氏、デザイン20年ぶりに刷新

  • 5千円札は津田梅子、千円札は北里柴三郎の肖像画を採用
  • 紙幣刷新で「景気刺激を考えているわけではない」

麻生太郎財務相は9日、2024年度上期をめどに1万円、5千円、千円の新紙幣(日本銀行券)を発行すると発表した。政府・日銀は偽造防止の観点からほぼ20年ごとに紙幣を刷新してきた。前回の刷新は2004年。

  新紙幣の図柄は新1万円札が日本の経済近代化の功労者である実業家の渋沢栄一、5千円札は近代女子高等教育に尽力した津田塾大学創設者の津田梅子、千円札は日本細菌学の父とされる北里柴三郎。裏面にはそれぞれ東京駅丸の内駅舎、藤の花、葛飾北斎の富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」を採用する。

New Japanese Bill Designs

新紙幣

Photographer: Emi Urabe/Bloomberg

  麻生財務相は閣議後の会見で、「それぞれ新たな産業の育成、女性活躍、科学技術の発展など現代にも通じる諸課題に尽力しており、新元号の下で新しい日本銀行券にふさわしい人物と考えている」と述べるとともに、紙幣刷新で「景気刺激を考えているわけではない」と述べた。

  麻生財務相はまた、偽造防止のため、五百円硬貨の素材などを変更して発行することも表明した。素材に新技術であるバイカラー・クラッド(二色三層構造)を導入する。21年度上期をめどに発行の予定。

  海外での高額紙幣廃止の動きを受け、一万円札を廃止するかどうかの質問に対して麻生財務相は、「流通枚数が一番大きい」と語り、廃止する考えがないことを明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE