コンテンツにスキップする
Photographer: David Ryder/Bloomberg

ボーイング強気派からBofAメリル離脱-737納入に一段の遅れか

  • 投資判断を「買い」から「中立」に引き下げ
  • 目標株価は480ドルから420ドルに下げ
A Boeing Co. 737 MAX 9 jetliner sits on the production floor at the company's manufacturing facility in Renton, Washington, U.S.
Photographer: David Ryder/Bloomberg

米ボーイングの737MAXの納入中断は当初予想よりも長引く公算が大きいと、バンク・オブ・アメリカ(BofA)メリルリンチのアナリスト、ロナルド・エプスタイン氏が8日のリポートで指摘。同社株の投資判断を「買い」から「中立」に引き下げた。8日の米株式市場でボーイング株は下落した。

  「ボーイング737MAXが耐空証明を取り戻すということは、単にソフトウエアを修正することではない」とエプスタイン氏は顧客向けリポートで警告。また、12カ月の目標株価を480ドルから420ドルに引き下げた。ブルームバーグがまとめたデータによると、市場関係者の平均目標株価は432ドル。

  エプスタイン氏は737MAX納入が6-9カ月遅れると予想。自身の当初の見通しは3-6カ月の遅れだった。こうした遅れは在庫増加を意味し、2020年まで回復が始まらない見通しだと指摘した。

  ボーイング株は4.4%安と、約4週間ぶりの大きな下げで取引を終えた。

原題:Boeing Loses a Bull as BofAML Sees Longer 737 Max Recovery (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE