コンテンツにスキップする

テスラが再びセールス人員削減、オンライン販売に移行で

From
  • セールス人員を数十人削減したと関係者語る
  • 「インサイドセールス」と呼ばれるチームが対象に
A Tesla Inc. store in Frankfurt.
A Tesla Inc. store in Frankfurt. Photographer: Alex Kraus/Bloomberg
A Tesla Inc. store in Frankfurt.
Photographer: Alex Kraus/Bloomberg

電気自動車(EV)メーカーの米テスラはセールス人員を再び削減した。複数の関係者が明らかにした。テスラが先週公表した1-3月(第1四半期)納車台数はアナリスト予想を下回っていた。同社は人員削減と、販売を実店舗からオンラインに移行する計画を推し進めている。

  これら関係者によると、テスラはシカゴとニューヨーク市ブルックリン、フロリダ州タンパのセールス部門で数十人を4日に解雇した。詳細が非公表であることを理由に関係者らは匿名で語った。テスラは人員削減を認めたが、対象人数など詳細に関するコメントを控えた。

  今回の人員削減はテスラが2月に発表した店舗販売縮小計画の一環。イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、一部のショールームを閉鎖し、オンラインのみでの受注とする自身の決定について、比較的安価なセダン「モデル3」を増産し、来年のクロスオーバー「モデルY」など新モデル導入へ準備する中で経費の節減が目的だと説明した。

  関係者によれば、今回の人員削減は社内で「インサイドセールス」と呼ばれるチームが対象になる。同チームの仕事は見込み顧客と接触し、試乗に誘うことだったが、小売り戦略の変更に伴い配送や洗車などに回っていたという。

  8日の米株式市場でテスラ株の終値は0.6%安の273.20ドル。

原題:Tesla Opens New Quarter With Another Round of Sales Staff Cuts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE