コンテンツにスキップする

FRB、大手外銀の監督で新アプローチを提案-リスク規制見直しへ

  • 一部外銀の流動性要件引き上げを目指す、6月21日まで意見公募
  • 昨年10月に提案された米国内大手銀対象の枠組みとほぼ同様

米連邦準備制度理事会(FRB)はドイツ銀行バークレイズクレディ・スイス・グループなどの外銀を監督する新たなアプローチを提案する。一部の銀行は損失に対する備えとして売却が容易な資産の保有積み増しを義務付けられる見通しだ。

  FRBは8日、昨年10月に提案した国内銀行を対象に見直した枠組みにほぼ見合う新制度案に関する意見募集について賛成4、反対1で可決した。こうした横並びの制度は高リスクの銀行に対する圧力を強める方向でルールを見直す取り組みの一環。新たなアプローチにより複数のリスクカテゴリーが設けられ、大手銀各行はそれぞれのビジネスモデルにとって最適なカテゴリーに分類される。

Fed Chair Powell Testifies Before Senate Banking Committee

パウエルFRB議長

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

  FRBの最終的な算定次第では、ドイツ銀とバークレイズ、クレディ・スイス・グループ、三菱UFJフィナンシャル・グループみずほフィナンシャルグループトロント・ドミニオン銀行は、大規模に国際展開する米銀のグループに次ぐ2番目のカテゴリーに分類される可能性がある。2番目のグループに指定されると、所定のストレステスト(健全性審査)と最も厳格な資本規制を受けることになるほか、米国のメガバンクと同様の流動性要件が適用される。

  FRBは同案について6月21日まで意見を公募する。

原題:Big Foreign Banks Could Face New Risk Rules Under Fed’s Plan (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE