コンテンツにスキップする

バースーム、独メルクの買収提案受け入れ-インテグリス上回る条件で

  • メルクは買収提示額を1株53ドルと、2月時点の48ドルから引き上げ
  • インテグリスは買収案を見直すつもりはないと表明

半導体用材料メーカー、米バースーム・マテリアルズはドイツの製薬会社メルクからの買収提案を受け入れた。バースームは同業インテグリスに買収されることで先に合意していたが、メルクがインテグリスの提案を上回る水準に提示額を引き上げた。

  バースームの8日の発表によると、メルクは1株当たりの買収額を53ドルと、2月27日に提示した当初の金額から約10%引き上げた。これに基づく同社の評価額は58億ドル(約6500億円)となり、インテグリスが提示した38億ドル相当の案を上回った。バースームはインテグリスが4月11日までに対抗案を提示することは可能だとしたが、インテグリスは買収条件を見直す計画はないと表明した。

  メルクのステファン・オシュマン最高経営責任者(CEO)は現金での買収を前面に出すことで、同社による買収に当初抵抗していたバースームに翻意を促した。買収はメルクの主要3部門で最も規模の小さいパフォーマンスマテリアルズ(機能性材料)部門の強化につながる見通し。

  8日のバースームの株価は1.1%高の51.78ドルで引けた。

原題:Merck KGaA Wins Versum With $5.8 Billion Bid That Trumps Rival(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE