コンテンツにスキップする

【NY外為】資源国通貨が上昇、原油高で-ドルは広範に下落

更新日時

8日のニューヨーク外国為替市場では、資源国通貨の上昇が目立った。原油相場が5カ月ぶりの高値を付けたことが手掛かり。これを受けて、ドルは広範囲に売られた。  

  • 主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は低下。投機的な投資家がロングポジションを縮小した。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物5月限は、イランやリビアの情勢などを背景に2%余り上昇した
    • 米国債は幅広い年限で下落。9日からの入札に備える動き。サウジアラムコが6つのトランシュに分けて発行した債券に600億ドル相当の注文が集まったとの報道も材料
  • 2月の米製造業受注は前月比0.5%減で、市場予想通りだった
  • ニューヨーク時間午後4時56分現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.3%低下
  • ドルは円に対して0.2%安の1ドル=111円50銭
    • 円はユーロと資源国通貨に対しては下落。ユーロ・円は一時、2週間ぶり高値の1ユーロ=125円62銭を付けた
  • ユーロは対ドルで0.4%高の1ユーロ=1.1259ドル。欧州中央銀行(ECB)の政策委員会会合や、英国の欧州連合(EU)離脱問題での重要イベントを週内に控え、ショートカバーが入った
  • ポンドは対ドルで0.2%高の1ポンド=1.3062ドル
  • 資源国通貨ではカナダ・ドルが対米ドルで0.5%高、ノルウェー・クローネは同0.7%上昇

欧州時間の取引

  比較的タイトなレンジの中、ドルが主要通貨の大半に対して堅調な動きを示した。円は対ドルで4営業日ぶりに反発。投資家は米中通商協議について、より明確な見通しを求めている。
原題:Commodity-FX Rally Sinks Dollar as Oil Prices Climb: Inside G-10(抜粋)
Dollar Steadies, Yen Gains as Risk Sentiment Sours: Inside G-10

(相場を最新にし、欧州時間の取引などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE