コンテンツにスキップする
Photographer: Jasper Juinen/Bloomberg

マイナス金利の見直し、ECBに動く気配みられず-関係者

  • ドラギ総裁の発言以降、委員会で議題になっていない
  • 政策委、コンセンサス形成でさらなる時間を要している公算
A bronze and granite tree-shaped sculpture entitled Gravity and Growth stands outside the main entrance of the European Central Bank (ECB) headquarters in Frankfurt, Germany, on Thursday, March 7, 2019.
Photographer: Jasper Juinen/Bloomberg

欧州中央銀行(ECB)のマイナス金利政策について、ドラギ総裁が見直しを検討すると示唆しているにもかかわらず、政策当局者らは動く気配がない。

  政策決定会合を2日後に控え、銀行への影響を和らげる措置を「検討」する必要があるかもしれないとしたドラギ総裁の発言は、議論の対象とはなったものの、特段の行動を促すには至っていない。ドラギ総裁の発言から約1週間たったが、この問題はECBの各委員会で協議されていない。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。委員会の作業は公式な政策提案の基礎となることが多い。

  ユーロ圏の銀行株はこのニュースを受けて下げ幅を拡大。フランクフルト時間午後1時27分現在、ユーロ・ストックス銀行株指数は0.8%安。

Not all in ECB are convinced of the need for action on negative rates

  ECB政策委員会はさらなるコンセンサスの形成で、時間を必要としている可能性もある。マイナス預金金利の利点は欠点を上回り、政策を見直す必要はないと依然確信する当局者もいると、関係者は匿名を条件に述べた。

  関係者によれば、マイナス金利の影響は長らく政策委員会で議論されてきたものの、ドラギ総裁の発言は複数の政策委メンバーを驚かせ、何らかの措置が近く講じられるとの臆測に浮き足立つメンバーもいるという。

  ECBの報道官は金融政策に関する同行の協議について、コメントを控えた。

原題:ECB Is Said to Respond Only Slowly on Negative Rate Review (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE