コンテンツにスキップする

日本のファンド:2月にドイツ国債買い越し、5カ月ぶり-英国債売却

  • ドイツ国債を6327億円買い越し、英国債は1035億円売り越し
  • 米国債は4カ月連続、フランス国債は2カ月連続の買い越し

日本の投資家は2月に、ドイツ国債とフランス国債を買い越した。欧州の景気減速に対する懸念が深まる中で、欧州中央銀行(ECB)も米金融当局のようにハト派に転じるとの観測が強まった。

  財務省が8日発表した国際収支データによると、日本のファンドは6327億円相当のドイツ国債を買い越した。その前の4カ月は売り越しだった。

  米国債とフランス国債は引き続き買い増した。2月は世界的に成長見通しが引き下げられ債券相場が急伸した。米国債は4カ月連続、フランス国債は2カ月連続の買い越しだった。

  一方、英国債は1035億円の売り越しと1年で最大の売り越しだった。

原題:Japan Funds Buy Bunds First Time in 5 Months, Sell U.K. Debt (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE