コンテンツにスキップする

サウジアラムコの大型起債計画、JPモルガンCEOが異例の売り込み

  • NYやシカゴ、東京などで投資家説明会-9日にもプライシングか
  • ディールは100億ドル超へ、投資家の関心は既に260億ドル超と関係者

世界の投資家から注目を集める債券発行に向け、サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコと担当バンカーらは100億ドル(約1兆1000億円)以上に上る可能性のある起債プロセスに着手する準備を進めている。投資家が既に殺到していることを示す兆候もある。

  事情を直接知る複数の関係者によると、5日に投資家の間で広がったメッセージでは、今年最も期待が高まるサウジアラムコの起債への関心は既に260億ドルを超えているという。同社とバンカーは先週、ニューヨークとシカゴ、シンガポール、東京といった複数の都市での説明会で投資家を大々的に募集した。

  JPモルガン・チェースなど幹事行にとっては今回の起債の成功は極めて重要だ。世界で最も高い利益を昨年上げたサウジアラムコが新規株式公開(IPO)に踏み切る場合、幹事に選定された銀行には多大な手数料収入が入るだけに各行はビジネス獲得に意欲的だ。JPモルガンのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)が4日にニューヨークで開かれた募集説明会に登場し話をしたのも極めて異例で、今回の起債の重要性を浮き彫りにしていると関係者1人は指摘した。

JPMorgan Chase CEO Jamie Dimon Speaks At Council On Foreign Relations Corporate Conference

ジェイミー・ダイモンCEO

写真家:Mark Kauzlarich / Bloomberg

プライストーク

  ブルームバーグ・ニュースが閲覧した目論見書によると、 モルガン・スタンレーとシティグループ、 ゴールドマン・サックス・グループ、HSBCホールディングス、NCBキャピタルも今回の起債で幹事を務める。最初のプライストークは8日に発表される可能性があり、9日にもプライシングが行われ得ると関係者は話した。サウジアラムコの担当者は起債プロセスに関してコメントを控えた。

原題:Saudi Aramco Set for Mega Debt Deal Pitched by JPMorgan’s Dimon(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE