コンテンツにスキップする

転換点示唆する早期警戒のサインか、市場の相関に注目-JPモルガン

  • クレジットスプレッドと株価の関係に注目-ノーマンド氏
  • 新興国通貨と先進国通貨がドルに対して逆の動き

米株とクレジットスプレッドとの相関の変化や、先進国通貨と新興国通貨の間でドルに対する動きが乖離(かいり)している状況は、重要な市場の転換点を示唆する早期の警鐘である可能性がある。JPモルガン・チェースが指摘した。

  ジョン・ノーマンド氏を中心とするストラテジストらは5日のリポートで、債券と株式の両方が今年値上がりし、米国債利回りの大幅な低下と比べてドルの下落が緩やかなことで、顧客はより慎重になっているが、それらの相関は懸念する必要がないかもしれないとの見解を示した。

  JPモルガンは、株価上昇が続く中で、信用スプレッドは年内に拡大する可能性があるが、ディール活動主導でそれが起きる限り懸念する必要はなく、連邦準備制度の利上げペースが鈍い限り容認できると主張した。

  ただ、企業利益の弱さがスプレッド拡大の要因である場合は問題になるとし、「その場合は早期警戒のサインとしてスプレッド拡大に留意すべきだ。株価が2000年にピークに達する前の1990年代後半もそうだった」とストラテジストらは分析した。

JPMorgan says higher stocks with higher spreads could be early warning sign

  S&P500種株価指数は年初来15%上昇。ブルームバーグ・バークレイズ米高利回り社債指数の利回りは1.5ポイント余り低下し、3.68%となっている。

  ストラテジストらは、ドルが他の主要通貨に対しアウトパフォームする一方、新興国通貨に対してアンダーパフォームする状況にも注目する。JPモルガンによると、ドルが大半の主要通貨に対して上昇し、同時にほとんどの新興国通貨に対して下落するという事象が発生する確率は10%にすぎない。

EM FX is outperforming euro, yen this year

  さらに市場全体が上昇している間に循環株と成長株がディフェンシブおよびバリュー株をアンダーパフォームしていた事実も懸念されるという。

原題:JPMorgan Says Watch These Market Correlations for Warnings (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE