コンテンツにスキップする
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

みずほ訴えた自転車部品窃盗のバンカー、ロンドンの雇用審判で敗訴

JAPAN - JULY 31: A woman arranges Mizuho Bank Ltd. envelopes in Tokyo, Japan, on Thursday, July 31, 2008. Mizuho Financial Group Inc., the Asian bank with the largest subprime-related losses, said first- quarter profit rose 14 percent as income from lending increased and bad-loan costs fell. (Photo by Tomohiro Ohsumi/Bloomberg via Getty Images)
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

同僚の自転車からチェーンガードを盗んだとしてみずほ銀行を解雇され同行を訴えていたマリウス・カラコタ氏は、ロンドンの雇用審判所で敗訴した。

  同氏は先週の審判で、いじめや銀行の規制違反の可能性を指摘した自分を解雇する「都合の良い理由」に自転車の件が使われたと主張していた。同氏は新品なら約5ポンド(約730円)のチェーンガードが自分のものだと考え、持ち去ったと説明していた。

  みずほの広報担当者は、「審判所が全会一致で当行の主張を支持したことに満足している」と述べた。一方カラコタ氏は電子メールで、「非常に残念だ」とコメントした。審判所は判断の理由を書面で公表していない。

原題:London Banker Fired Over Bike-Shed ‘Theft’ Loses Employment Suit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE