コンテンツにスキップする

ドイツ銀:米投資銀の再編、コメルツ銀との合併交渉で話し合われず

  • 「米国のフランチャイズにしっかりとコミットしている」とドイツ銀
  • コメルツ銀との合併交渉は最近話し合いが加速しているという

ドイツ銀行は、傘下の米投資銀行の再編について、最近話し合いが加速しているコメルツ銀行との合併交渉では取り上げられていないと説明した。

  ブルームバーグが内容を確認した内部文書によれば、ドイツ銀の米国の経営トップらは、同行と経営陣が「米国のフランチャイズにしっかりとコミットしている」と行員らに伝えた。コメルツ銀との合併協議で、ドイツ銀傘下の米投資銀の再編が話し合われたとロイター通信が5日に報じていた

  ロイター通信が匿名の複数の関係者からの情報を引用したところでは、コメルツ銀は合併交渉を進める条件として、米国部門でさらに大幅な削減を行う覚悟がドイツ銀にあるという保証を求め、米国の証券部門のさらなる縮小が協議で言及された。

  ドイツ銀行の広報担当者は、コメントを控えている。

原題:Deutsche Bank Says U.S. Operations Aren’t Part of Merger Talks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE