コンテンツにスキップする

米金融当局、トランプ大統領の利下げ要請に屈服も-インフレ鈍化なら

  • クドローNEC委員長:政権と金融当局は共通認識に達しつつある
  • 投資家も利下げは時間の問題と納得か、FF金利先物市場が示唆
トランプ大統領

トランプ大統領

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg
トランプ大統領
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

トランプ米大統領は利下げ要請を通じ、目標を下回って推移するインフレにどう対応すべきかという米連邦準備制度内部の議論に口を挟んだ。最終的に大統領の主張が通ると想定したとしても、全く見当違いとは言えないようだ。

  金融緩和を訴えるトランプ大統領とホワイトハウスのクドロー国家経済会議(NEC)委員長は、金融当局に方針転換を求める大義名分として、拡大を続ける経済の下でもインフレ加速の勢いに乏しい点に何度も言及している。

  5日発表の3月の米雇用統計で非農業部門雇用者数の伸びが市場予想を上回ったことが伝えられた後、トランプ大統領は記者団に「米金融当局は利下げすべきだ。当局が経済を減速させたのは間違いない。インフレはない」と指摘。低インフレを強調することで、その理由解明に苦慮してきた米金融当局者にとって微妙なテーマに触れた。

Fed falls short of 2% inflation goal

  2018年に4回利上げした金融当局は、インフレの低迷ぶりに驚き、次の動きを決定する上で辛抱強くなれる理由として「抑制された」物価圧力に言及している。実際にパウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長は、2%という対称的な物価目標を「納得いく形で」達成したという感触は得ていないと述べている。

  クドロー委員長は5日にブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「ここで大きな意見の不一致があるのかは分からない。タイミングの問題かもしれない」と指摘。その上で、パウエル議長やクラリダFRB副議長の最近の発言を踏まえ、政権と金融当局との間に金融政策の問題を巡ってさほど大きな隔たりがあるとは考えておらず「共通認識に達しつつあると思う」との見方を示した。

Key Speakers At The Conservative Political Action Conference

クドローNEC委員長

Photographer: Aaron P. Bernstein/Bloomberg

  フェデラルファンド(FF)金利先物市場の取引からは、投資家も米金融当局による利下げは時間の問題と納得している様子がうかがわれる。

  FRBに26年勤務した経歴を持ち現在はドイチェ・バンク・セキュリティーズのチーフエコノミストを務めるピーター・フーパー氏は、インフレ率が広範囲に鈍化するなら、当局は利下げする公算が大きいと予想する。

  そうした前例はある。1995年12月に当局はインフレの伸びが予想より弱いことを理由に0.25ポイント利下げした。96年1月にも物価圧力が後退しているとして0.25ポイントの追加利下げを実施した。

Unemployment near a five-decade low

原題:Fed May Bow to Trump’s Call for Rate Cuts If Inflation Softens(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE