コンテンツにスキップする

シタデル6.35%、オクジフ7.93%と健闘-1Qのマルチストラテジー

  • マルチストラテジー採用するファンドの平均リターンはプラス1.24%
  • 1-3月はS&P500種指数がプラス14%、米高利回り債プラス7.3%

さまざまな運用戦略と資産クラスに数十億ドルの資金を分散投資するヘッジファンド運営会社上位数社の1-3月(第1四半期)の成績が明らかになった。数字の大部分は精彩を欠くものとなった。

  今年1-3月のグローバル株式相場は9年ぶりの大幅上昇となったが、運用成績が入手可能なヘッジファンド運営会社6社を見る限り、いずれのリターンも市場の標準的パフォーマンスを下回った。債券インデックスも上昇する中で、ファンド運営会社に対し手数料に見合う成果とやる気を示すよう求める圧力が続いている。 ユーリカヘッジによる暫定ベースの資産加重推計によると、 マルチストラテジーを採用するヘッジファンドの平均リターンはプラス1.24%だった。

  トレーダーの少人数のチームが互いに独立して資金運用を行う大手マルチマネジャープラットフォーム各社の中で、ケネス・グリフィン氏率いるヘッジファンド運営会社シタデルの旗艦ファンドが、運用成績でトップとなった。

  事情に詳しい複数の関係者によれば、主な運営会社の旗艦ファンドのパフォーマンスは次の通り。

Citadel6.35%
Point72 Asset Management4.8%
Balyasny Asset Management4.2%
ExodusPoint Capital Management2%
Millennium Management1.7%

  
  オクジフ・キャピタル・マネジメント・グループのマルチストラテジー・ヘッジファンドは、プラットフォームの体系に含まれないが、届け出で明らかにしたリターンはプラス7.93%と、他の運営会社をしのぐ成績を残した。

  1-3月のリターンはS&P500種株価指数がプラス14%、ブルームバーグ・バークレイズ指数によれば、米国の高利回り債はプラス7.3%だった。

原題:Here’s How Citadel, Point72 Fared Against Multi-Strategy Peers (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE