コンテンツにスキップする

クドローNEC委員長:ムーア、ケイン両氏への批判は「不公平」

トランプ米大統領は連邦準備制度理事会(FRB)の理事に指名する意向を明らかにしているスティーブン・ムーア、ハーマン・ケイン両氏を「支持している」と、クドロー国家経済会議(NEC)委員長が述べた。

  クドロー委員長は7日のCNNの番組に出演し、能力が不十分であるとか、独立した中央銀行には党派色が濃すぎるなど両氏への批判は「不公平」だと指摘。両氏は指名が承認されれば、経済成長は生来インフレを引き起こさないとするトランプ大統領の見解を代表することになると語った。

  元ピザチェーン経営者のケイン氏(73)は5日、フェイスブックに映像を投稿し、FRB理事ポストの「厄介な」審査プロセスに直面していると述べ、指名を辞退する可能性を示唆した。同氏は2012年の大統領選共和党候補指名争いの際に複数のセクハラを指摘されたが、いずれも否定している。

  ヘリテージ財団の客員研究員であるムーア氏は、FRBの運営について「短期間で多くを学んでいる」と発言しており、「わずかな謙虚さ」を示していると、クドロー氏は語った。

原題:Kudlow Calls Criticisms of Stephen Moore, Herman Cain ‘Unfair’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE