コンテンツにスキップする
Photographer: Simon Dawson

【今朝の5本】仕事始めに読んでおきたいニュース

  • 英国がEU提案を批判、米中協議継続へ、FRB理事候補への批判
  • リビアが掃討作戦開始、中国の外貨準備高が5カ月連続で増加
Pedestrians walk through the More London office space against the backdrop of Tower Bridge, in London.
Photographer: Simon Dawson

欧州連合(EU)が英国の長期離脱延期を提案していることに対し、英高官が不快感を示しました。英国内でのコンセンサス形成が依然として困難になっているだけでなく、10日のEU臨時首脳会議を前に英国とEUの関係も不安定な状態が続いています。以下は一日を始めるにあたって押さえておきたい5本のニュース。

苦行のよう

メイ英首相はEU離脱に向けた妥協案の策定を目指し、労働党のコービン党首と協議を続ける一方、同氏が妥協案を支持しない場合はEU離脱が実現しない可能性があると警告した。そうした中、トラス財務副大臣はEUが提案した長期間の柔軟な英離脱プロセスについて「苦行のようだ」と批判。トラス氏は7日BBCラジオに対し、英政府は可能な限り早期のEU離脱に向けて前進する必要があると述べた。

協議継続

新華社通信によると、米中両国は直近の交渉で新たな進展を遂げたが、残る問題についても協議を継続する。5日に終了した協議では技術移転や知的財産、関税以外の方策、サービス、農業、貿易収支、合意履行について話し合われたという。ホワイトハウスはまだ重要な作業が残っているとの見方を示した。

不公平

トランプ米大統領は連邦準備制度理事会(FRB)の理事に指名する意向を明らかにしているスティーブン・ムーア、ハーマン・ケイン両氏を「支持している」と、クドロー国家経済会議(NEC)委員長が述べた。委員長は7日のCNNの番組に出演し、能力が不十分であるとか、独立した中央銀行には党派色が濃すぎるなど両氏への批判は「不公平」だと指摘。両氏は指名が承認されれば、経済成長は生来インフレを引き起こさないとするトランプ大統領の見解を代表することになると語った。

掃討作戦

リビア暫定政府は7日、ハフタル将軍に忠誠を誓う武装勢力「リビア国民軍」を掃討するため軍事作戦を開始すると明らかにした。リビア国民軍は先週から、首都トリポリに向けて進軍。今回の衝突はトリポリの南部で起きており、主要な原油輸出港や油田の多くからは離れているものの、リビアは石油輸出国機構(OPEC)加盟国であり、対立の激化は世界の原油市場に影響を及ぼす恐れがある。

5カ月連続で増加

中国の外貨準備高は3月末時点で3兆988億ドル(約346兆円)と、前月末比85億8000万ドル増えた。中国人民銀行(中央銀行)が7日発表した。先進国市場での国債利回り低下に伴い、保有する外国国債の評価額が膨らみ、5カ月連続での外貨準備高増加となった。

その他の注目ニュース
ボーイング、737生産縮小へ-墜落事故受けた世界的な運航停止で
ポンペオ米国務長官:3回目の米朝首脳会談が実施されると「確信」
BMW、1250億円超の特別損失計上の公算大-EUが談合疑惑調査

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE