コンテンツにスキップする

クドローNEC委員長:米中貿易協議、中断することはない

更新日時
  • 中国の習近平国家主席は交渉の早期決着を求めている
  • どんな最終合意であれ数週間先になる可能性が高いとトランプ大統領

トランプ米大統領の経済顧問トップであるクドロー国家経済会議(NEC)委員長は5日、米国と中国が貿易合意に向けて集中的な協議を続けると説明した。米中双方は交渉の進展を強調している。

  クドロー委員長がブルームバーグTVとのインタビューで語ったところによると、中国の劉鶴副首相と米当局者は5日にワシントンで協議を再開。来週には米中が電話で「連絡を取り合うことになる」とし、協議が「中断することはない」とも付け加えた。

  トランプ大統領は5日、カリフォルニアに向かう前に記者団に対し、ワシントンでの直近の交渉について「大成功」と言及したが、合意に達するかどうかについては予断したくないと述べた。4日には劉副首相との会談に先立ち、米中は貿易合意に近いが発表までに4-6週間かかる可能性があると語っている

  一方、中国の習近平国家主席は交渉の早期決着を求めていると、中国国営の新華社通信は伝えた。劉副首相は「新たなコンセンサスに達した」と述べたという。

  ホワイトハウスは5日夜に声明を発表し、今週の米中協議では進展があったものの「重要な作業が残っている」とし、「未解決の問題に対処するため今後、継続的に連絡を取り合う」と説明した。

米中貿易協議の進展について語るクドロー委員長

(出典:ブルームバーグ)

原題:Kudlow Sees No Letup in China Talks as Both Sides Cite Progress(抜粋)

(最終段落にホワイトハウスの声明を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE