コンテンツにスキップする

アップル株が8日連騰、5G対応出遅れは心配無用との指摘も

アップルの株価が8営業日続けて上昇。昨年9月初旬に記録した9日連続に迫っている。

  5日の株価は一時0.7%高となり、このまま行けば昨年11月以来の高値で取引を終える。今回の連騰では約5.5%の上昇となった。現在の株価水準は昨年10月の過去最高値から約15%安だが、低迷していた年初からの上昇率は40%近い。

Shares are in their longest winning streak since September

  S&P500種株価指数のうち、情報技術セクター指数は今週最高値を更新しており、構成銘柄のアップル株も足並みを合わせて買われてきた。

  5日にはカウエンがリポートで、スマートフォン業界でのアップルの競合が第5世代(5G)携帯電話サービスに対応した商品を発表する中で、アップルは先を越されることを「まだそんなに」心配すべきではないと指摘した。一方、音楽配信サービス「アップルミュージック」が米国での有料登録者数でスポティファイを上回ったと、米紙ウォールストリート・ジャーナルが報じた。

原題:Apple Rises for Eighth Day, Longest Streak Since September(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE