コンテンツにスキップする
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

S&P500種の天井視野、流動性がピークに達し-BofA分析

Traders work on the floor of the New York Stock Exchange (NYSE) in New York, U.S., on Friday, April 5, 2019. U.S. stocks climbed toward all-time highs, the dollar strengthened and Treasury yields fell after a report showed the economy is adding jobs with few signs of inflation and President Donald Trump pressured the Federal Reserve to sustain growth.
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

バンク・オブ・アメリカ(BofA)によれば、米株式相場は今年最大の好調期を過ぎた可能性が高い。各国の中央銀行が一斉に成長刺激に力を入れた局面が、3月にピークに達したためだという。

  S&P500種株価指数は4-6月(第2四半期)に3000ポイントを超えた後に崩れるだろうと、マイケル・ハートネット氏らBofAのストラテジストは5日付の顧客リポートで指摘した。これはS&P500種の現行水準から約4%高に相当し、BofAが予想する年末水準を100ポイント上回る。

BofA sees S&P 500 peaking near 3,000 in the second quarter

  「リスク資産がこれまで大きく上げたのは、各中銀がすべてを投じたからだ」とリポートは指摘。「流動性のピークは、上昇局面の終わりが4月に始まったことを意味する」と続けた。

原題:S&P 500 Rally Poised to Top Out as Liquidity Peaks, BofA Says (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE