コンテンツにスキップする

ノルウェー:政府系ファンドに再生可能インフラへの投資認める

ノルウェー政府は、政府系ファンド (SWF)である政府年金基金グローバル(運用資産1兆ドル=約111兆7200億円)が再生可能エネルギーインフラに投資することを認める。ポートフォリオに新たな資産クラスが加わるのは10年ぶりだ。

  基金自身が数年間にわたってロビー活動を続けただけでなく、同基金による環境投資に前向きな複数の政党や環境活動家の圧力もあり、政府の承認にこぎ着けた。ノルウェーの保守党政権はこれまで、同基金の投資先としてプライベートエクイティー(PE、未公開株)も未上場インフラ資産も認めていなかった。

  イェンセン財務相は5日付の声明で、「政府は政府年金基金グローバルに対し、未上場の再生可能エネルギーインフラへの投資を認める」とした上で、「そのような投資は、収益性と透明性に関し基金による他の資産への投資と同じ要件を満たす必要がある」と説明した。

原文:Norway Clears $1 Trillion Fund for Renewable Infrastructure(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE