コンテンツにスキップする
Photographer: DronG/iStockphoto

1300円のアボカドトーストは高くない、果物添えれば寿命伸びる

  • 不健康な食生活でたばこによるよりも多くの人が亡くなる-論文
  • 不健康な食品制限より健康的な食事取るよう促す方が効果的か
Homemade summer toast with cream cheese Smoked Salmon, Blueberries, Radish, Cucumber, Avocado and cress salad. Fresh healthy concept food
Photographer: DronG/iStockphoto

12ドル(約1340円)のアボカドトーストを高いと思ってはいけない。全粒粉のパンにアボカドを載せたトーストに果物を添えたランチで、あなたの寿命は伸びる。

  政府が食品について指導するとき、加工肉や砂糖、トランス脂肪のような不健康な食品の摂取を制限することに重点を置くのが普通で、全粒穀物や果物、野菜など、栄養価の高い食品を取るように勧めることはそれほど重視されない場合が多い。しかし、不健康な食べ物を制限することは健康管理の最善の方法ではないかもしれない。新しい研究が示した。

  医学誌ランセットに3日発表された論文によると、世界では不健康な食生活のために、たばこによるよりも多くの人が亡くなっている。論文は、食生活の改善によって世界で5人に1人の死亡が防げる可能性があると結論付けている。

  2017年には悪い食品の過剰摂取であるか良い食品の摂取不足であるかを問わず、不健康な食生活が原因で1100万人が死亡したと論文は指摘。全粒穀物の摂取不足、果物の摂取不足、ナトリウムの大量摂取という3大要因が、食生活が原因となった死亡の半分以上を占めたという。

  赤身肉と加工肉、トランス脂肪、砂糖入り飲料の大量摂取は世界的に死亡の要因になっているものの、「人口の多い大半の国では、食生活に関連したリスクのランキングで底に近い」位置にあり、不健康な食品を制限するよりも、健康的な食事を積極的に取るよう勧めた方が効果が大きい可能性があると研究者らは論じている。

原題:Not Eating Enough Fruit and Grains Is Worse Than Too Much Meat(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE