コンテンツにスキップする

マスク氏とSECは再交渉し合意内容明確化を-米連邦地裁判事

  • 米連邦地裁判事、解決策について2週間以内に報告求める
  • SECはマスク氏の2月のツイートを法廷侮辱罪に当たると主張

米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)と米証券取引委員会(SEC)は、マスクCEOのソーシャルメディアへのニュース投稿の在り方を巡る意見相違の解消を2週間以内に図るよう米連邦地裁判事から命じられた。

  SECはマスク氏による2月19日のツイッター投稿を昨年10月の和解合意違反だと指摘し、法廷侮辱罪に当たると主張している。ニューヨークの米連邦地裁のアリソン・ネイサン判事は4日の審理で合意の細目について質問し、マスク氏が投稿を許される内容と投稿できないことに関して曖昧さをなくすよう双方に文言修正を指示した。

  ネイサン判事は「私がここで何を決めようとも、問題が最終的に解決されないという深刻な懸念を抱いている」と指摘。マスク氏とSECが論争を解決しなければ、自分はマスク氏が法廷侮辱罪に当たると判断する可能性が残ると付け加えた。

msuk

ニューヨークの連邦地裁に到着したテスラのマスクCEO

原題:Musk Judge Sends SEC, Tesla CEO Back to Negotiating Table (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE