コンテンツにスキップする

ボーイングの株価上昇-米中貿易協議が大詰め迎えるとの期待感

  • エチオピア航空の事故報告書公表でも響かず
  • 3月10日の墜落事故後の値下がりの約半分を回復

4日の米株式市場でボーイング株が上昇した。長引く米中貿易協議が大詰めを迎えつつあるとの期待感が同社株を支えた。エチオピア航空が運航していたボーイング737MAXの墜落事故の報告書が同日発表され懸念はあるものの、新たな情報が少し増えただけにすぎないと受け止められたようだ。

  エチオピアの運輸相は4日、事故機の操縦士は適切な手順を踏んでいたが737MAXの急降下を阻止できなかったと述べ、ボーイングが飛行制御システムを見直し同型機の安全性を確保する必要があると付け加えた。このスタンスはボーイングに対する圧力を強めるが、今回の暫定報告書で新たな事実が表面化しなかったのは好材料になる可能性があるという声も聞かれた。

  エドワード・ジョーンズのアナリスト、ジェフ・ウィンダウ氏は電子メールによる取材に対し、「飛行制御システムの自動化が焦点となっており、報告書はその見方を踏襲した。 ボーイングが既にソフトウエアのアップグレードに取り組んでいるため4日午前の株価の好調に貢献しているのだろう」と分析した。

  ボーイング株は4日のニューヨーク市場で一時3.2%上昇。同社株は3月10日のエチオピア航空機墜落事故後の値下がりの約半分を回復した。

Boeing shares recoup some losses amid trade optimism

原題:Boeing Gains as Trade Optimism Outweighs Latest Crash Report (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE