コンテンツにスキップする

メイ首相と労働党「再国民投票」も協議-党内で意見割れる

更新日時
  • 政権当局者らは最大野党・労働党の担当者と4時間半にわたり協議
  • 再国民投票で離脱案に対する民意を問うアイデアもテーブルに乗る
メイ首相

メイ首相

Photographer: Simon Dawson/Bloomberg
メイ首相
Photographer: Simon Dawson/Bloomberg

メイ英政権の当局者らは4日、欧州連合(EU)離脱に向け議会で最終的に過半数の支持が得られる妥協案の策定を目指し、最大野党・労働党の担当者と4時間半にわたり協議した。

  首相官邸によれば、メイ首相と労働党のコービン党首の代理として交渉に臨んだ担当者らは、行き詰まりの打開に向けて5日も集中的な話し合いを継続する。コービン氏のスポークスマンは、協議が「実務的」なものだったと述べ、首相のチームは「生産的」だったと表現した。

  4日の協議後に交渉のテーブルに乗る幾つかの提案の中には、EUとの離脱合意案への賛否を確認するため2回目の国民投票を行うアイデアが含まれている。

  国民投票を再度実施し、離脱案に対する民意を問う可能性を残すかどうかについて、メイ政権で閣内の意見が分かれており、コービン氏も再国民投票への支持撤回を求める党内からの圧力にさらされている。

  労働党の下院での現有議席の約10%に相当する25人の議員グループは4日、メイ首相との協議で再国民投票を要求しないようコービン氏に訴えた。

  英国が欧州議会選挙(5月23-26日実施)に参加せずにEUを離脱するには、離脱案の議会での早期可決が必要だが、メイ首相の取り得る選択肢はもはや少ない。

  与党保守党内の離脱推進派は、労働党への協力を要請したことで、コービン氏のいわゆる「ソフトブレグジット」のビジョン実現に道を開いたと首相を非難した。一方、妥協を実現できそうな兆しも表れている。EU離脱を巡りメイ政権に影響力の大きい法的助言を行う離脱推進派のコックス法務長官は、BBCテレビとのインタビューで、「離脱しない」選択肢よりは関税同盟への残留を受け入れる方を選ぶと語った。

  メイ首相は12日のEU離脱期限について、再度の短期延長を要請すると表明しており、EU側の承認を得るには、10日の臨時首脳会議で今後の「明確」なプランを示す必要がある。

  英紙デーリー・メールが報じたところでは、メイ首相は5日、EUのトゥスク大統領(常任議長)に宛てた書簡で、離脱の再延期を正式に要請する見通しだ。同紙によれば、欧州議会選挙に先立つ5月22日の離脱が可能になるよう「解除条項」を求める意向であり、同日に離脱できない場合、少なくとも年末までの離脱延期となる可能性が高い。

原題:May and Corbyn Hold ‘Productive’ Talks to Break Brexit Impasse
May and Corbyn Battle With Parties Over Second Brexit Referendum
May to Formally Request Brexit Extension: Daily Mail(抜粋)

(再国民投票に反対する労働党内の動きを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE