コンテンツにスキップする

中国、通商協議で「新たなコンセンサス」-米は合意はまだ先と認識

更新日時
  • 中国国家主席は劉副首相を通じてトランプ氏に早急な交渉決着促す
  • トランプ大統領:合意の枠組みに4週間、詳細文書化に2週間必要も
トランプ大統領

トランプ大統領

Photographer: Zach Gibson/Bloomberg
トランプ大統領
Photographer: Zach Gibson/Bloomberg

米中両国は共に、貿易戦争の終結を目指す協議が進展したと表明した。中国の習近平国家主席が早急な交渉決着を求めた一方、トランプ米大統領は「非常に歴史的」な合意に至る可能性に言及した。

  中国の劉鶴副首相を通じてトランプ大統領に届けられたメッセージで、習主席は早期決着を求めたほか、米中関係を健全かつ安定したものに確実にするためには戦略的リーダーシップが必要だと訴えた。中国国営の新華社通信がアジア時間5日午前に伝えたところでは、今週ワシントンで米国側と通商協議を行ってきた劉副首相は「新たなコンセンサス」に達したと述べた。

President Trump Meets Chinese Vice Premiere Liu He At White House

ホワイトハウスでトランプ大統領と握手する中国の劉鶴副首相(4日)

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

  一方、トランプ大統領は4日、劉副首相との会談の冒頭で記者団に対し、「極めて歴史的」なものになり得る貿易合意に向け双方は前進しているが、合意は恐らく数週間先になるだろうとの見方を示した。大統領は習主席との会談の予定は発表せず、「われわれれが合意すれば首脳会談を開くだろう」と発言。合意の枠組みをまとめるのに4週間、詳細を文書化するのにさらに2週間を要する可能性があるとした。

  政府当局者が匿名で明らかにしたところでは、ワシントンでの協議は5日も続くが、その後の交渉の日程は決まっていないという。

  全米製造業者協会(NAM)のバイスプレジデント、リンダ・デンプシー氏は電子メールで送付した発表文で、「通商協議が簡単だとは誰も思っていなかったが、詰めの段階に入る中で、構造と履行の双方の問題で詳細な文書策定に向け引き続き前進していることは心強い」とし、「これらの問題は非常に重要だ。米国の製造業者は中国の不公平な貿易慣行によって長く打撃を受けてきた」と説明した。

  トランプ大統領は4日、残る問題は知的財産権保護と関税、合意の履行だと述べた。 

原題:China Hails ‘New Consensus’ on Trade, Though Deal Not Ready Yet(抜粋)

(トランプ大統領のコメントなどを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE