コンテンツにスキップする

クリーブランド連銀総裁:利上げサイクル、終了した可能性はある

米金融当局者2人が4日、政策金利を現行水準で据え置くことに違和感はないとの認識を示した。最近見られる景気の弱さが一時的なものか、長期間続くのかを見極める必要があるとの考えだ。2人のうち1人は通常タカ派寄りの姿勢を取っているが、利上げサイクルは終わった可能性があるとの見解を示した。

  クリーブランド連銀のメスター総裁は、オハイオ州コロンバスでの講演で「現在の利上げサイクルが終了した可能性はあるだろうか。それはあり得る」と述べ、もう一段の利上げがなお正当化されるとの認識への確信が若干弱まっていることを示唆した。

Bank of France Governor Francois Villeroy de Galhau And Federal Reserve Bank of Cleveland President Loretta Mester Interviewed At GIC Conference

メスター総裁

Photographer: Marlene Awaad/Bloomberg

  その上で、可能性が最も高いと自身が考える形で経済が進展し、成長が回復すれば、「フェデラルファンド(FF)金利は現在の水準よりも若干上昇する必要があるかもしれない」と述べた。メスター総裁は、ややタカ派寄りの当局者として知られる。

  総裁は、今年の成長率については2%ないしそれを若干上回ると予想。これは、従来の見通し2-2.5%とさほど変わらない。今年のインフレ率については2%、労働市場は力強さが続くと予想した。総裁は今年の連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持たない。

  一方、フィラデルフィア連銀のハーカー総裁は、フィラデルフィアでのイベントで「力強い労働市場、落ち着いたインフレ、緩やかな成長継続、先行き不透明感といった要素を踏まえ、私は様子見モードを続けている」と指摘。「金利に関する私の見通しは引き続き、多くて年内1回、20年に1回だ」と述べた。ハーカー総裁も今年のFOMCでは投票権を持たない。 

原題:Fed’s Mester Says It’s ‘Possible’ Rate-Hiking Cycle May Be Over(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE