コンテンツにスキップする

トランプ大統領:米経済は順調、「破壊的」な金融当局にもかかわらず

トランプ米大統領は、昨年利上げを実施したことを理由に、米金融当局を新たに攻撃。同当局による「不必要かつ破壊的な行動」にもかかわらず、米経済は良好な状況にあると述べた。

  トランプ氏は4日朝のツイートで、中国、およびカナダとメキシコとの貿易協定は「順調に進んでいる。インフレはほとんど、あるいは全くない。米国の楽観は非常に高い」と付け加えた。

  トランプ氏は昨年の利上げに対し、過去何カ月にもわたって批判を続けている。ここ最近では、大統領が3月8日に米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長に電話をかけたと報じられたばかり。同日は米雇用市場に対する懸念を背景に、株式相場が週間ベースで今年最大の下落となっていた。

原題:Trump Says U.S. Economy Doing Well Despite ‘Destructive’ Fed (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE