コンテンツにスキップする

インド中銀、また利下げ-インフレ見通し下げで追加緩和観測も

更新日時
  • レポ金利を0.25ポイント引き下げ6%に-昨年の利上げ分を解消
  • インド中銀の緩和姿勢は主要新興国の中でも際立つ

インド準備銀行(中央銀行)は4日、追加利下げを発表した。インフレ率と経済成長見通しを引き下げており、追加緩和観測が広がっている。

  政策金利のレポ金利は0.25ポイント引き下げられ6%。ブルームバーグ・ニュースが調査したエコノミスト47人のうち、2人を除く全員が今回の決定を予想していた。追加利下げは賛成4、反対2の決定だった。

India's central bank cuts interest rate as inflation stays below target

  インド中銀は声明で、「国内経済は主に海外からの逆風に直面している」と指摘。「低迷が続く民間投資を刺激することで国内の成長に弾みをつけることが必要だ」と説明した。

  今回の追加利下げで昨年の利上げ分を解消する形となった。インフレが鈍化傾向にあるほか、米金融当局のハト派スタンスも強まっており、今年に入りインド中銀の緩和姿勢は主要新興国の中でも際立っている。

  インド中銀はインフレ率見通しを下方修正。4-9月は2.9-3%のレンジを見込んだ。2月時点は3.2-3.4%としていた。一方、1日から始まった今年度の経済成長率は7.2%となる見通し。国内投資や世界の需要に減速感が表れる中で、従来予想の7.4%成長から引き下げた。

原題:India’s Central Bank Cuts Interest Rate With More Easing Seen(抜粋)

(第5段落を追加し更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE