コンテンツにスキップする

ウニクレディト:コメルツ銀に買収案準備、ドイツ銀と破談なら-FT

  • ドイツの政治家が外国銀行との合併を選好すると見込む
  • コメルツ銀を傘下のヒポフェラインス銀行と統合する計画

イタリアの銀行ウニクレディトは、ドイツのコメルツ銀行に対する買収提案を準備している。同行とドイツ銀行の合併交渉が頓挫した場合に提案する考えだと、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が情報源の名前を示さずに報じた。

  同紙によると、ウニクレディトはコメルツ銀のかなりの株式を取得し、傘下のヒポフェラインス銀行(HVB)と統合する計画。 ウニクレディトとコメルツ銀、ドイツ銀は同紙に対しコメントを控えた。

  同紙によればウニクレディトは、コメルツ銀がドイツ銀と合意に至らない場合、ドイツの政治家が外国銀行との合併を選好すると考えている。ドイツの議員らには2大銀行の合併に懐疑的になっている兆候がある。また、雇用が失われることへの懸念に加え、同国政府がコメルツ銀株15%を保有しているため、納税者にも関わる問題である上、さまざまな規制上のハードルをクリアする必要もある。

  独紙ビルトの先週の世論調査によると、43%が合併に反対で、賛成は17%にすぎなかった。

  コメルツ銀とドイツ銀は3月に、合併の可能性について協議していると明らかにした。ドイツ銀のパウル・アハライトナー監査役会会長は、次回の決算発表日である4月26日までに、協議の最新状況を説明するとしている。

原題:UniCredit Preps Commerzbank Bid If Deutsche Bank Fails, FT Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE