コンテンツにスキップする

バイデン前米副大統領、社会規範変化認めるも女性への接触に謝罪せず

  • 個人の空間を守る境界線はリセット、もっと留意していく
  • 投稿したビデオでは20年米大統領選に出馬の意向は示さず

望まないスキンシップで不快な思いをしたと複数の女性から批判されているバイデン前米副大統領は3日、社会規範が変化し、今後は他人の個人スペースをもっと尊重する必要があると理解していると述べた。

  バイデン氏は2分間にわたるビデオを3日午後にウェブ上に投稿。名乗り出た女性や不快感を持ったかもしれない他の女性らへの謝罪はしない一方、自らの動作については「私のいつものやり方だ」とした上で、「女性たちの言うことは分かる」とコメント。「社会規範は変化した。個人の空間を守る境界線がリセットされた」と述べ、「今後はそれにもっと留意していく。それが私の責任だ」と語った。

  米大統領選挙の民主党候補指名争いに3回目の出馬を今月表明すると予想されているバイデン氏(76)は、ビデオで2020年の同選挙への出馬意向を示さなかった。上院議員の経歴も持つ同氏は長年、支持者や出会った人々にハグやキスといったスキンシップをすることで知られてきたが、セクハラ被害に女性たちが声を上げる「#MeToo」時代に入った今、同氏のこうした行為は不快だったと一部の女性たちから批判を受けている。

原題:Biden Offers No Apology for Touching But Vows to Change Style(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE