コンテンツにスキップする

米PG&E、TVAのジョンソン氏をCEOに起用-経営再建主導へ

  • PG&Eは新取締役10人も指名-経営陣刷新の一環
  • ジョンソン氏は6年余りにわたりTVAの社長兼CEO務める

米カリフォルニア州の公益事業会社PG&Eは、テネシー川流域開発公社(TVA)のトップを近く退くビル・ジョンソン氏を最高経営責任者(CEO)に起用した。ジョンソン氏は山火事による300億ドル(約3兆3400億円)の債務を抱え破産申請した同社の経営再建を率いる。

  3日遅くの発表資料によれば、ジョンソン氏(65)は6年余りにわたってTVAの社長兼CEOを務めている。1月の破産申請前に辞任したゲイシャ・ウィリアムズ氏の後任となる。

  PG&Eはまた、1月に表明した経営陣刷新の一環として、エネルギー会社の元幹部やリストラ専門家、連邦エネルギー当局出身者のほか、少なくとも4人のカリフォルニア州住民を含む新取締役10人を指名した。

Former Progress Energy CEO Bill Johnson Testifies At Duke Energy Hearing

ビル・ジョンソン氏

  PG&Eは2日、同社の株式10%余りを保有するナイトヘッド・キャピタル・マネジメントレッドウッド・キャピタル・マネジメントエイブラムス・キャピタル・マネジメントから成る投資家グループと合意を結んだと事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。合意にはジョンソン氏のCEO起用のほか、新取締役10人の選任を求める内容が含まれていたという。

原題:Bankrupt PG&E Names TVA’s Johnson as CEO, Forms New Board (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE