コンテンツにスキップする

リフト株の空売りコスト、米国株で最高に-マークイット

新規株式公開(IPO)を先週実施した配車サービスの米リフトは、株式の空売り需要が急増し、そのコストが米国株式市場で最も高くなっている。

  IHSマークイットによると、2日は投資家が初めてリフト株の空売りで株式を借りることが可能になり、新たに空売りするコストは100%上昇。その結果「借りるコストが最も高い」米国株になったとマークイットの証券金融担当ディレクター、サミュエル・ピアソン氏が電子メールで配布したコメントで指摘した。

  マークイットのデータによると、オーバーナイト決済の報告では661万株が貸し出し中とされ、時価にして4億5500万ドル(約507億円)相当となる。3日のリフト株は70ドルで終了。IPO価格は72ドルだった。

Lyft shares are trading below IPO price in fourth day of trading

原題:Lyft Short Bets Are Now Most Expensive in U.S., Markit Says (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE