コンテンツにスキップする

ゴーン被告を再逮捕、日産の資金を私的に流用-報道

更新日時
  • 特別背任容疑で4回目、2年半で5.6億円取得し日産に損害
  • 弘中弁護士「文明国としてあってはならない暴挙」、本人の動画公開

東京地検特捜部は4日、日産自動車のカルロス・ゴーン前会長を会社法違反(特別背任)容疑で再逮捕した。逮捕は4回目。海外の販売代理店に支出させた日産の資金の一部を私的に流用していた疑いがある。同容疑者は3日にツイッターで来週に会見を行うと予告していた。

Former Nissan Chairman Carlos Ghosn Leaves Lawyer's Office

ゴーン容疑者(3月12日)

Photographer: Keith Bedford/Bloomberg

  地検の発表資料によると、ゴーン容疑者は日産の完全子会社から海外の日産販売代理店の口座に送金した資金の一部について、同容疑者が実質的に保有する会社名義の口座に自己の利益を図る目的で送金を受け、代表取締役としての任務に背いた疑い。2015年12月から18年7月までの期間に複数回に分けて行った送金で、計500万ドル(約5億6300万円)を自己の取得分とし、日産に損害を加えた疑いが持たれている。
  
  ゴーン容疑者の代理人は4日、「逮捕は理不尽で恣意(しい)的」で、「検察をミスリードして私を黙らせようとする日産内部の何者かの企てだ」とする本人のコメントを公表した。無罪をあらためて強調し、「私はくじけない」とも述べている。仏LCIテレビが同日放送した逮捕前のインタビューでは「苦しい戦い」だとし、フランス政府に対して市民としての権利保護を要請した。

  ゴーン容疑者の弁護を担当する弘中惇一郎弁護士は日本外国特派員協会で会見し、異例となる保釈中の逮捕について「文明国としてあってはならない暴挙」と表現し、「強く抗議したい」と述べた。

  逮捕は同日早朝にゴーン容疑者の住居で執行され、検察は同容疑者の妻のパスポートや携帯電話も押収したことも明らかにした。検察には身柄拘束を利用して圧力をかけて発言を封じるなどの狙いがあったのではないかとの考えを示し、今後は裁判所に働きかけて同容疑者の身柄解放に努めたいとした。

  同容疑者は3日、ツイッター上に自身のアカウントを開設。「何が起きているのか真実をお話しする準備をしています」と日本語で投稿し、11日に記者会見を開く考えを明らかにしていた。

  弘中弁護士はゴーン容疑者がツイッターを使った理由はよくわからないとした上で、保釈条件で「インターネットの使用は禁止されているとは理解していない」との考えを示した。当日話す予定だった内容についてはすでに動画で記録しており、公表の用意があるという。

  東京地検の久木元伸次席検事は4日の定例会見で、逃亡や証拠隠滅の恐れがあると判断したため今回の逮捕に踏み切ったとし、ツイッターで会見を予告したことは逮捕に「まったく関係ない」と述べた。

  ゴーン容疑者は会社法違反(特別背任)や金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)で逮捕・起訴されて100日以上にわたって東京拘置所に勾留された後、3月6日に保釈されていた。

  日産は同容疑者をすでに会長から解職しており、8日に開催する臨時株主総会では取締役から解任する方針。ルノーも3日にゴーン容疑者が中東の販売代理店や外部弁護士への疑わしい支払いを行っていたことを明らかにし、フランス国内でも法的措置を取る可能性があると発表していた。

ゴーン前会長逮捕からの経緯
<2018年>
  • 11月19日 11年3月期から5年間の役員報酬を有価証券報告書に過少記載したとして金融商品取引法違反の疑いで東京地検がゴーン前会長とグレッグ・ケリー前代表取締役を逮捕
  • 22日 日産が臨時取締役会を開きゴーン容疑者の代表権と会長職、ケリー容疑者の代表権を解くことを決定
  • 12月10日 東京地検が両容疑者を金商法違反の罪で起訴、18年3月期までの3年間についても同法違反の疑いで再逮捕
  • 21日 東京地検がゴーン被告を会社法違反(特別背任)の疑いで3度目の逮捕
  • 25日 東京地裁がケリー被告の保釈を許可、東京拘置所から出る
<2019年>
  • 1月8日 ゴーン被告が勾留理由開示請求で出廷し無実を主張
  • 11日 東京地検がゴーン被告を特別背任罪で追起訴、ゴーン、ケリー両被告と法人としての日産を金商法違反の罪でも追起訴
  • 23日 ゴーン被告が仏ルノーの会長・CEOを辞任
  • 24日 日産がゴーン被告の取締役解任などを目的とする臨時株主総会の4月開催を決定
  • 2月13日 ゴーン被告の逮捕以来、弁護を担当してきた大鶴基成弁護士が辞任、弘中弁護士が新たな担当に
  • 3月6日 ゴーン被告が保釈
  • 4月4日 東京地検が会社法違反(特別背任)の疑いでゴーン前会長を4回目の逮捕
(東京地検の会見内容などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE