コンテンツにスキップする

メイ英首相と労働党党首の会談は「建設的」-交渉チームが協議継続

  • コービン労働党党首は関税同盟への残留を目指す党の考えを提示した
  • 4日にかけて担当者の話し合いが続けられることになる

メイ英首相と最大野党・労働党のコービン党首は3日、政治的立場の違いを脇に置き、欧州連合(EU)離脱を巡る危機を乗り切るために協力することで一致した。

  メイ首相とコービン党首はこの日、1時間余りにわたって会談し、両サイドとも「建設的」な協議だったと評価した。両者は交渉チームの選任と追加作業のプラン策定で合意。4日も話し合いが続けられることになる。

U.K. PM May's Plea to Opposition Leader Corbyn To Rescue Brexit

メイ首相

写真家:Simon Dawson / Bloomberg

  コービン党首は、議会幹部も交えて行った協議の後、話し合いは「有益だったが、結論には至っていない。EUとの関税同盟への残留と単一市場へのアクセス、ダイナミックな規制の整合の実現を望む労働党の考え方を提示した」と発言。経済的な打撃を伴う「合意なき離脱」や「悪い合意」の下での離脱阻止に向け、再国民投票の選択肢も取り上げたことを明らかにした。

  メイ首相は、EU離脱の重要な目的を損なうという理由から関税同盟への残留の可能性をこれまで排除してきた。与党保守党内の離脱推進派は3日、コービン氏のいわゆる「ソフトブレグジット」のビジョン実現に道を開いたとして首相を非難した。

U.K. PM May's Plea to Opposition Leader Corbyn To Rescue Brexit

コービン労働党党首

写真家:Chris Ratcliffe / Bloomberg

原題:May and Corbyn Agree to Step Up Brexit Work After Positive Talks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE