コンテンツにスキップする
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

電子たばこ、米FDAがけいれん発現リスクを調査-たばこ株下落

A person exhales vapor.
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

米食品医薬品局(FDA)は、電子たばこの使用者がけいれんの発作を起こしたケースが数年間において少数報告されたとして、調査に入ったことを明らかにした。

  FDAのゴットリーブ長官ならびにアバネシー副長官による3日付の発表文は、潜在的な関連性は特に若い使用者の間でみられると指摘。FDAは2010年から今年初めにかけて、電子たばこの使用との関連性が疑われる発作について35件の報告を受けたという。より広範な現象を示唆する可能性があるとして、FDAは懸念を表明した。

  ゴットリーブ長官は下院歳出委員会小委員会の公聴会で、「電子たばこの使用とけいれん発作のリスクの間に直接の関連性があるかどうか、まだ分かっていないことを明確にしておきたい」と述べた。

  発表文によると、FDAは発作例の多くにおいて、使用された電子たばこ機器のブランドを特定することができなかった。

  消費者のたばこ離れに対応し、電子たばこで多角化を図るメーカーの株価は、3日の欧米市場で下落した。電子たばこを手掛けるジュール・ラブズに出資する米アルトリア・グループは、前日比で一時2.8%安。フィリップモリスインターナショナル(PMI)は2.1%下げる場面があった。ロンドン市場では、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ株が2.9%下落した。

  FDAが受けた報告のうち、一部の使用者は過去にけいれんの発作を経験したことがあった。また、マリフアナ(大麻)やアンフェタミンなどを電子たばこと併用していた例もあった。

原題:FDA Investigating Possible Seizure Risk With E-Cigarette Use (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE