コンテンツにスキップする

墜落したエチオピア航空機、パイロットは手順に従っていた-関係者

  • 自動失速防止装置「MCAS」をパイロットは手動で無効化
  • パイロットは装置の電源をいったん切ったが、再度入れた-WSJ
Forensics investigators and recovery teams collect personal effects and other materials from the crash site of Ethiopian Airlines Flight ET 302.

Forensics investigators and recovery teams collect personal effects and other materials from the crash site of Ethiopian Airlines Flight ET 302.

Photographer: Jemal Countess/Getty Images
Forensics investigators and recovery teams collect personal effects and other materials from the crash site of Ethiopian Airlines Flight ET 302.
Photographer: Jemal Countess/Getty Images

3月に墜落したエチオピア航空のボーイング737MAXのパイロットは、機体を安定させるためボーイングが定めた手順に従い自動失速防止装置を手動で無効化していたと、事情に詳しい関係者が明らかにした。

  同関係者によれば、「MCAS」と呼ばれる自動失速防止装置は飛行中に何度も作動。MCASは一定の状況において失速を防ぐために自動的に機首を押し下げるシステムで、エチオピア航空と昨年のライオンエアでの墜落事故の原因究明において関連当局などが注目している。

  米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は先に、エチオピア航空機のパイロットは当初ボーイングが定めた緊急手順に従い自動システムにより作動する電気モーターの電源を切ったが、機体のコントロールを回復できなかったと報道。同紙によれば、パイロットはその後再び自動システムの電源を入れたがその理由はまだ分かっていないという。

  ボーイングのシンガポール在勤の広報担当はコメントを避けた上で、事故は調査中であり、質問は調査責任者に直接行うよう求めた。エチオピア運輸省の報道官からもコメントを得られていない。

原題:Ethiopian Air Pilots Said to Follow Protocol on 737 Max Flight(抜粋)
Crashed Ethiopian Plane Pilots Tried to Follow Protocols: WSJ

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE