コンテンツにスキップする

ゴーン被告が11日に記者会見、「真実を話す準備している」とツイート

更新日時
カルロス・ゴーン被告

カルロス・ゴーン被告

Photographer: Takaaki Iwabu/Bloomberg
カルロス・ゴーン被告
Photographer: Takaaki Iwabu/Bloomberg

日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告は3日、ツイッターで「何が起きているのか真実をお話しする準備をしています」と日本語で投稿し、11日に記者会見を開く考えを明らかにした。

  同被告は3日、ツイッター上に自身のアカウントを開設した。英文でのツイート後、日本語でも投稿した。時間や場所については明らかにしていない。

  ゴーン被告は会社法違反(特別背任)や金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)で起訴されたが、3月6日に東京拘置所から保釈されていた。日産は同被告をすでに会長から解職しており、8日に開催する臨時株主総会では取締役から解任する方針。11日にゴーン被告が会見すれば逮捕、保釈後の初めての記者会見となる。

  読売新聞は3日付の朝刊で、オマーンの知人側に提供した日産資金の一部をゴーン被告が私的に流用していた疑いがあるとして、東京地検特捜部が改めて会社法違反(特別背任)容疑で立件する方向だと関係者の話として報じた。

(背景情報を追加して記事を更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE