コンテンツにスキップする

墜落したライオンエア機のセンサー、事故前に米航空機整備会社が修理

  • フロリダ州の企業が737MAXのAOAセンサーで作業していた
  • 事故調査当局は2つの墜落事故でセンサーが果たした役割に注目

昨年10月に墜落したインドネシアの格安航空会社ライオンエアボーイング737MAXに装備されていたセンサーが、事故前に米航空機整備会社の修理を受けていたことが、調査資料で明らかになった。このセンサーは墜落事故とその前日の不安定な飛行との関連が指摘されている。

  インドネシアの国会への提出用に準備された説明資料によると、インドネシアと米国の事故調査当局は機体の適切な角度維持に関わる迎え角(AOA)センサーについてこの企業が過去に作業した内容を検証している。

Boeing Reprograms 737 System Linked to Crashes

A software update will prevent a single sensor from activating the Maneuvering Characteristics Augmentation System. The data from both sensors will be considered.

Sources: Boeing, Mentourpilot

  インドネシアの事故調査当局がまとめた暫定報告書によると、10月29日の事故ではこのセンサーから発せられた誤った信号で機首が下がり続けてパイロットが操縦につまずき、機体は最終的にジャワ湾に墜落。189人の乗客乗員全員が死亡した。737MAXは約5カ月後にもエチオピア航空の運航便で同様の墜落事故を起こしており、調査当局は2つの事故でセンサーが果たした役割に注目している。

  ブルームバーグが入手した資料によると、フロリダ州の整備会社XTRAエアロスペースがこのセンサーについて作業し、10月28日にバリ島で機体に取り付けた。その前にパイロットはスピードと高度を表示する機器の不具合を報告していた。XTRAがエチオピア航空の事故機でセンサーのメンテナンスを実施したとの記録はない。

  ウェンコー・グループ傘下にあるXTRAは書面で「この件についていかなる調査の支援にも全力でコミットする」と表明した。

Maxed Out

Southwest Airlines has ordered more 737 Max jets than any other airline

Source: Boeing Co. (data shows top customers through February excluding leasing companies)

原題:Faulty 737 Sensor in Lion Air Crash Linked to U.S. Repairer (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE