コンテンツにスキップする
Photographer: Angus Mordant/Bloomberg

デルタ航空、アメックスと提携延長でバークシャーの買収観測高まる

  • デルタはアメックスと23年に及ぶ提携関係をさらに11年延長
  • 延長でデルタはマイル販売で最高80億ドルの収入も-スタイフェル
Delta Air Lines Inc. planes are seen reflected at Salt Lake City International airport (SLC) in Salt Lake City, Utah, U.S., on Thursday, July 5, 2018.
Photographer: Angus Mordant/Bloomberg

デルタ航空とアメリカン・エキスプレス(アメックス)が23年に及ぶ提携関係をさらに11年延長する契約を締結したため、バークシャー・ハサウェイがデルタ航空を買収する可能性が高まると、スタイフェル・ニコラスのアナリスト、ジョセフ・デナルディ氏は述べた。

  デナルディ氏は顧客向けリポートで「デルタが年内のある時点でアメックスとの提携延長を発表する可能性があるとわれわれは考えていたが、当社の想定より早かった。売上高や経済状態の改善はわれわれの予想よりもかなり良好だ」と指摘。デルタ航空は世界で最も価値ある「マーケティング会社」の1つになる方向にあると付け加えた。

  提携が予定通り延長されれば、デルタ航空はマイルの販売で70億-80億ドル(約7800億-8910億円)の現金収入を受け取る見通しで、これは現在の利益率でEBIT(利払い・税引き前利益)約35億-40億ドルに相当すると同アナリストは試算した。

  デルタ航空はバークシャーが株式を保有しているため、同社に買収されるとの臆測が高まることが多い。先月にはバークシャーのウォーレン・バフェット会長がデルタ航空株への投資について、自らが心地よく感じる水準を手違いで上回ったと述べていた。バークシャーはデルタ株を10%強、アメックス株を18%保有し、両社の筆頭株主。

原題:Delta’s AmEx Deal Ups Prospect of Berkshire Buy, Stifel Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE