コンテンツにスキップする

世界経済は1月以来成長の勢いを一段と失う-IMF

  • IMFは9日に最新の世界経済見通しを発表する
  • 世界経済は「不安定」な状況にあるが景気後退入りの可能性は低い

国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は2日、世界経済は年初以来、成長の勢いを一段と失っており「不安定」な状況にあるとの見解を示した。

Key Speakers and Interviews at the Bloomberg New Economy Forum

ラガルドIMF専務理事

写真家:Justin Chin / Bloomberg

  ラガルド専務理事はワシントンの米商業会議所での講演で、IMFが1月下旬に世界経済見通し(WEO)を改定して以来、世界経済の伸びは鈍化しているが、近い将来にリセッション(景気後退)入りする可能性は低いと述べた。

  同専務理事は講演後のパネルディスカッションで、世界経済の伸び鈍化を「減速の同時発生」と評した。

  IMFは1月のWEOで世界経済成長見通しを今年は3.5%、来年は3.6%にそれぞれ引き下げた。3カ月で2度目の下方修正だった。IMFは今月9日に最新のWEOを発表する。

原題:Lagarde Says Global Economy Has Lost Momentum Since January (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE