コンテンツにスキップする

米銀株は決算通過で上昇へ、コールの買いで備えを-ゴールドマン

  • 過去2カ月の米銀株、「極端なアンダーパフォーム」-ゴールドマン
  • 来週から決算発表、安心感から上昇する余地大きいと指摘

米国の大手銀行は来週から1-3月期の決算発表シーズンに入る。ゴールドマン・サックス・グループは5月にかけての金融株上昇に備え、コールオプションを活用したポジションを構築するよう推奨している。

  ジョン・マーシャル氏らゴールドマンのデリバティブ担当ストラテジストは2日のリポートで、ファイナンシャル・セレクト・セクターSPDRファンド(銘柄コード:XLF)とKBW銀行株指数について、株価とクレジット、金利の動きを加味して調整した後ですらも「極端なアンダーパフォーム」だと指摘。「安堵(あんど)感から上昇する可能性がある」との見方を示した。

  このリポートによると、大型銀行株の過去2カ月にわたるパフォーマンスは、マクロ資産に対する通常の相関を10%余り下回る。XLFは6%のアンダーパフォームだという。マーシャル氏らは下落に比べ上昇余地が「非対称的に大きい」ことを踏まえ、XLFとバンク・オブ・アメリカ(BofA)のコールを買うよう投資家に推奨している。

Goldman says buy calls on XLF and BAC ahead of earnings season

 
  

原題:Goldman Sees Earnings Boost in Financials, Says Buy Call Options(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE