コンテンツにスキップする

ウニクレディト、制裁違反問題で米国と9億ドルで決着近い-関係者

イタリアの銀行ウニクレディトは、米国の制裁措置に反してイランの顧客にドル建て決済サービスを提供したとされる問題で、米当局と近く合意する公算だ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。ウニクレディトは約9億ドル(約1000億円)を支払う代わりに、刑事訴追を免れるという。

  米制裁法違反に絡む支払い金としては過去最大規模の一つとなる。関係者によると、数週間以内にウニクレディトへの捜査・調査は決着する見込みだ。米司法省や財務省外国資産管理局(OFAC)、米連邦準備制度、マンハッタン検察当局、ニューヨーク州金融サービス局(DFS)が同銀を捜査ないし調査していた。

  各当局の報道担当者にコメントを求めたがいずれも返答しないか拒否した。ウニクレディトの広報担当者はコメントを避けた。

原題:UniCredit Is Said Near $900 Million Sanctions Accord With U.S.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE