コンテンツにスキップする

ウォルグリーン株が急落、予想下回る決算と通期予想引き下げで

独立系ドラッグストアチェーンの米国最大手、ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスの株価が2日の米市場で下落、一時は2013年以来の安値を付けた。

  米国の実店舗売り上げの3分の2超を占める処方薬事業は、調剤件数が増加したにもかかわらず利ざやが縮小した。2018年12月-19年2月(第2四半期)既存店売上高は3.8%減少。せき止めやかぜ薬の販売数量が減ったほか、たばこの売り上げも落ちた。調整後1株利益は1.64ドル(アナリスト予想は1.72ドル)。

  ウォルグリーン株は一時、前日比13.4%安と、日中ベースで2014年8月6日以来の大幅下落を記録した。

  通期業績予想については、利益は横ばいを予想するとの見方を示した。これまでは7-12%の増益を見込んでいた。

  同社はまた、コスト削減計画を拡大し、2022年までの削減目標額を年間15億ドル(1670億円)超に引き上げた(従来は最低10億ドル)。同社によると、コスト削減は業務の合理化と一部ビジネス機能のデジタル化を通じて行う。人員削減が計画に含まれるかどうか、また含まれる場合の規模について、広報担当のブライアン・フェイス氏はコメントを控えた。

  エバコアISIのアナリスト、ロス・ミューケン氏は顧客向けリポートで、ウォルグリーンの米国事業は「包囲攻撃に遭っている」と指摘。今回の決算は市場の悲観論者が想像したよりも悪かったと述べた。

原題:Walgreens Drops as Pharmacy Chains Feel Health-Care Pressure (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE