コンテンツにスキップする
Photographer: Kyle Grillot/Bloomberg

リフト株急落に拍車掛ける可能性も、空売り投資家が2日にも参入か

  • 1日は12%安で終了、既存株主の処分売りが主因か
  • ショートが入ればロングは押し出される-ドゥサニウスキー氏
The shadow of an attendee is seen on Lyft Inc. signage.
Photographer: Kyle Grillot/Bloomberg

米配車サービス2位リフトは株式上場後、波乱の展開となっているが、ウォール街で懐疑論が強まる中、ショートセラー(空売り投資家)が同社株を利用できるようになれば、株価下落に拍車が掛かる恐れがある。

  S3パートナーの予測分析担当マネジングディレクター、イーホリ・ドゥサニウスキー氏によると、上場日である3月29日の取引の受け渡しが済む4月2日にも弱気派は貸株の売りを増やす見通しだという。リフト株が1日に12%下落したことについてドゥサニウスキー氏は、空売り投資家よりも既存株主の処分売りが原因だと指摘。新規株式公開(IPO)で放出された株式はまだ受け渡しが完了しておらず貸株プログラムにはないためだという。

  同氏はインタビューで「長期保有者が既に形勢をうかがっているだけに興味深い展開になろう。ショートが入ればロングは押し出されるだろう」と述べた。

  リフトの株価は先週末に急伸した後、1日には売り込まれ、IPO価格を2ドル強下回って終了した。

Lyft fell below its $72 initial offering price on the second day of trading

原題:Think Lyft Sell-off Is Bad? Wait Till Short Sellers Enter Fray(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE