コンテンツにスキップする

AT&Tの部門、NYハドソンヤードのビル持ち分売却で合意-関係者

  • 不動産開発のリレーテッドとその提携先に20億ドル余りで売却へ
  • リレーテッドはオックスフォードと共同で大規模開発

AT&Tのワーナーメディア部門はニューヨークのマンハッタン西部ハドソンヤードにあるオフィスビルの持ち分を、米不動産開発会社リレーテッドとその提携先に20億ドル(約2200億円)余りで売却することで合意した。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  リレーテッドは延べ床面積150万平方フィート(約13万9000平方メートル)をワーナーメディアから購入した上でリースバック契約を結ぶ。合意は確定していないとして匿名を条件に関係者が語った。リースバックの期間は15-20年になる見通しという。リレーテッドはカナダのオックスフォード・プロパティーズ・グループと共同で250億ドル相当の大規模開発を進めている。

  関係者によれば、ドイツの保険会社アリアンツがリレーテッドの提携先候補に含まれている。インベスコ・リアル・エステートはAT&Tの持ち分売却で交渉した企業の一角だという。
 
  アリアンツとAT&T、インベスコ、リレーテッドの担当者はいずれもコメントを控えた。ワーナーメディアとの取引を担当しているクッシュマン・アンド・ウェイクフィールドのブローカー、ダグ・ハーモン氏もコメントをしていない。

原題:AT&T Unit Is Said to Plan Sale of Hudson Yards Stake to Related(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE