コンテンツにスキップする
Photographer: Craig Warga

エール大卒業生、在学中運用のヘッジファンド巡りSECに罰金支払い

  • ザキ氏はアルゴリズムを活用しているなどと虚偽の宣伝
  • SECの主張に肯定も否定もせず2万5000ドル支払うことに合意
Harkness Tower stands on the Yale University campus in New Haven, Connecticut, U.S., on Friday, June 12, 2015.
Photographer: Craig Warga

米エール大学卒業生のオマル・ザキ氏(21)は在学中に運用していたヘッジファンドで、10年以上にわたって驚異的な成績を上げてきたアルゴリズムを活用していると虚偽の宣伝をしていた。米証券取引委員会(SEC)が摘発した。

  SECの1日の主張によると、ザキ氏はほかにも投資家に対し虚偽の情報を伝えていた。実際には、ファンドはアルゴリズムを使用したことはなく、ザキ氏は預かり資産についても投資家を欺いていたほか、2016年12月から17年3月前半にかけて80%を超えるリターンを上げたと偽っていた。

  300万ドル(約3億3400万円)を運用していると投資家に説明していたザキ氏は、17年1月から18年2月までの間に11人の投資家から170万ドルを集めた。

  同氏はSECの主張について肯定も否定もせず2万5000ドルを支払うことでSECと合意。ザキ氏の代理人のブラッドリー・ボンディ弁護士はコメントを控えた。

  SECとの合意の一環としてザキ氏は投資顧問として働くことを禁止されたが、3年後には同職務に就くための再申請が可能。エール大のデータベースによると、同氏は昨年卒業し、経済学と物理学の学士号を取得している。

原題:Yale Alum, 21, Accused of Running Hedge Fund Scam by SEC(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE