コンテンツにスキップする

フィアット会長:テクノロジーが変える自動車業界で積極的役割果たす

  • フィアットはPSAと欧州での自動車生産合弁の可能性探ると関係者
  • 電動車両への投資で出遅れ、ハイブリッドやEVモデルを増やす計画

米・イタリア系自動車メーカー、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)のジョン・エルカン会長は、テクノロジーによって変貌しつつある自動車業界の方向付けで積極的な役割を引き続き果たしていくと表明した。同社を巡っては、仏グループPSAと欧州での自動車生産合弁の可能性を探っていると報じられたばかり。

  持ち株会社エクソールの会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるエルカン氏は同社の株主に宛てた書簡で、フィアットは電気自動車(EV)など電動車両や自動運転車の台頭で恩恵を得られるとの認識を示した。エクソールはフィアットの筆頭株主で、株式の29%と議決権の42%を保有する。

Fiat Chrysler Automobiles NV Annual General Meeting

ジョン・エルカン氏

写真家:Jasper Juinen / Bloomberg

  フィアットとPSAが自動車モデルの基盤となる「スーパープラットフォーム」での協力に向け、予備的交渉を行っているとブルームバーグ・ニュースが先に伝えた。競争が極めて激しい地域での投資コストの削減が目的という。交渉の事情に詳しい関係者によれば、最終的なパートナーシップには新たなEV投資の分担が含まれる可能性が高い。

  電動車両への投資で競合他社に後れを取っているフィアットは、2022年までの5カ年画で販売トップの「ジープ」と「ラム」のハイブリッド車を増やすほか、「フィアット」「ジープ」「マセラティ」の一部車種について完全EVモデルの製造を打ち出した。

原題:Fiat to Play Active Role in Industry Change, Chairman Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE