コンテンツにスキップする

イラン石油相:OPECプラスの減産合意は容易に延長できる

  • 現在の減産合意はうまくいっているとザンギャネ石油相
  • 日量120万バレルの協調減産は6月末で失効する

イランのザンギャネ石油相は1日、石油輸出国機構(OPEC)と非OPEC主要産油国で構成する「OPECプラス」は減産合意を容易に延長できるだろうと述べた。

  同相はロシアのノバク・エネルギー相との会談後、モスクワで記者団に対し、減産の「協力を延長するのは難しくないというのが私の理解だ」とした上で、合意を今年の後半以降も継続するのは「たやすいはずだ」と語った。また、現行の減産合意は「うまくいっている」とも述べた。

  トランプ政権が昨年、イランへの経済制裁を再開したことを受け、同国は減産を免除されている。OPECプラスが昨年12月にウィーンで協調減産を協議した際、イランが難色を示したことが障害となったが、ロシアの助けでこれを乗り切り、合意がまとまった。

  日量120万バレルの減産合意は6月末で失効する。現時点では、OPECの各主要国が延長にどれほど前向きなのかははっきりしない。非加盟の主要産油国、ロシアは判断を5月ないし6月まで先送りすべきだと、様子見姿勢を取っている。当初、早急に新たな合意を取りまとめるべきだとしていたサウジはその後、なお時間が必要との見方に同意した。

原題:Iran Says OPEC+ Pact Will Be ‘Easy’ to Extend Beyond June(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE