コンテンツにスキップする

マスク氏、今年のエープリルフールは静観か-SECとの裁判控え

From
テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)

テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)

Photographer: Justin Chin/Bloomberg
テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)
Photographer: Justin Chin/Bloomberg

テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)のツイッター投稿に当局はかつてないほど目を光らせているが、投資家はマスク氏が騒ぎを起こすことなくエープリルフールが過ぎ去ってほしいと願っているのではないか。

  テスラとマスク氏は過去に、4月1日にジョークを発信して話題を呼んだ。笑いを誘うだけで影響のないものもあった一方で、株価に響いたものもある。ただ今年は、マンハッタンの連邦地裁判事が4日にマスク氏のツイートに関する証拠調べの審理を予定していることの影響からか、週末にはいくつかの投稿を行ったものの、同氏のツイッターのアカウントは1日、これまでのところ静かだ。連邦地裁判事は、米証券取引委員会(SEC)が和解条件違反だと主張するツイートを理由にマスクCEOを法廷侮辱罪に問うべきかどうかに関し4日に証拠調べを行う予定だ。

  マスク氏のエープリルフールの悪ふざけで最も物議を醸したのは、テスラが経営破綻したという昨年の冗談だった。冗談は投資家には通じず、株価は翌日、大きく下落した。

  テスラ株は1日の米市場で大幅続伸し、前週末比3.3%高の289.18ドルで終えた。

原題:Prankster Musk Has to Think Twice About April Fools’ Jokes Now(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE