コンテンツにスキップする

【NY外為】ポンドが高い、英議会で投票進む-逃避先通貨は下落

更新日時

1日のニューヨーク外国為替市場では、ポンドが高い。ドルに対する上昇幅は主要通貨中で最大だった。英国では欧州連合(EU)離脱を巡ってメイ首相の離脱協定案に代わる複数の選択肢について投票が行われており、市場はこの行方に注目している。またこの日はリスク選好の回復で米国債利回りと米国株が上昇する中、ドルや逃避先通貨が値下がりした。

  • ニューヨーク時間午後4時31分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前週末比0.1%低下
    • 2月の米小売売上高が予想外に減少し、ドル指数は発表直後にこの日の最低水準に下げた
    • その後発表された米供給管理協会(ISM)の3月の製造業総合景況指数が予想を上回る上昇となり、ドルは下げを縮めた
  • 主要通貨では円やスイス・フランの下げが目立った。逃避の動きが後退し、米10年債利回りは上昇。中国の製造業活動の指標が予想を上回る上昇となったことで、世界の成長を巡る懸念が和らいだ
    • 円は対ドルで0.5%安の1ドル=111円37銭
  • ノルウェー・クローネやオーストラリア・ドルなど資源国通貨は原油高を背景に上昇
  • この日はキャリートレードの動きも相場全体に影響した可能性がある
  • ユーロは対ドルで0.1%安の1ユーロ=1.1210ドル
  • ポンドは0.6%高の1ポンド=1.3114ドル
    • 英議会の流れは最も穏健なEU離脱モデルへと傾きつつある
      • 英国がEUの単一市場に残留する一方、EUと包括的な関税取り決めを交渉する内容

欧州時間の取引

  欧州時間にはドルが主要通貨の大半に対して値下がり。中国製造業活動の指標が予想を上回る上昇となり、世界の成長を巡る懸念が和らいだ。主要通貨ではリスクに敏感な通貨が上げた一方、円は軟調だった。

原題:Pound Gains as Parliament Votes; Havens Lead Losses: Inside G-10(抜粋)
Dollar Slips as China Data Support Risk Sentiment: Inside G-10

(見出しやリードを書き換え、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE